ピルを処方してもらえず、困っている女性とピルの画像

病院でも個人によってはピルを処方してもらえない場合があります。そのような事態を避けるために、確実に入手できる方法をお教えします。

2015年11月の記事一覧

処方薬のピルの効果について

正しい服用により避妊率が100%に近いピル最近は、女性が自分で服用して避妊効果があるといわれるピルが人気です。男性が避妊に協力してくれなくても、自分で身を守ることができるのです。その効果は極めて高く、正しい服用により避妊率が100%に近い状態なのです。
低用量ピルの仕組みとしては、女性ホルモンを含む錠剤を摂ることによって、生理周期を整えて排卵を抑制してくれる働きがあるのです。ですから、卵子が排卵されないので、精子が体内に入り込んでも受精しないのです。なので、妊娠をしないというわけなのです。
また、避妊の効果のほかにも、生理痛や排卵痛を緩和させたり、生理日を調整することができたり、ニキビなどの肌あれの改善に効果的だったりするので、ほかの目的のために服用する人もいるのです。
低用量ピルは産婦人科などの医療機関で診察を受けて、出してもらう処方薬なのです。専門の医師に診てもらうことによって、その人に合った種類を出してもらうようになるのです。処方薬としてだけでなく、海外からの個人輸入でも購入することができるのですが、体質や持病のこともあるので、まずは処方薬として出してもらってから、通販などを利用するという方法でもいいでしょう。
ただし、ピルの服用には正しい飲み方というものがあります。これは毎日欠かさずに飲み続けるということです。人によっては、同じ時間に飲むように習慣づけていたり、ずっと飲むように28日タイプのものを使用したりしていて、飲み忘れがないようにしているのです。もしも飲み忘れた場合で、48時間以上空いてしまったら、ほかの避妊方法に切り替える必要があるのです。
このように、経口避妊薬であるピルは避妊効果が抜群なので、検討する価値があるでしょう。

続きを読む