ピルを処方してもらえず、困っている女性とピルの画像

病院でも個人によってはピルを処方してもらえない場合があります。そのような事態を避けるために、確実に入手できる方法をお教えします。

2014年08月の記事一覧

産科と婦人科の違い

産科と婦人科の違いは妊娠に関わっているか、関わっていないかの違いです。
産科はお産に関わる事が仕事で、妊娠検査や分娩、産後の女性を診たり新生児の保育を行う事が仕事です。
妊婦の状態によっては帝王切開を行いますが、オペ室とは呼ばずに分娩室と呼び、分娩室で行います。
産科によっては、産婦人科という看板は掲げていても分娩は行わず臨月までの診察だけを行う産婦人科もあるので、最初に分娩できるかの確認が必要です。
婦人科は、女性特有の病気である生理不順、性病、ピルの処方、子宮がんの検査や、乳がんの検査や治療、不妊治療を行う事が仕事です。
治療の内容によっては入院や手術も行います。
女性特有の病気になってないか診てもらいに行ったときに、妊娠していると分かった時点で産科に行くよう医師から言われます。
婦人科によっては妊娠の検査や心拍確認ぐらいまでなら行いますが、分娩となると産婦人科の域になります。
中には産科と婦人科の両方の診断、治療、検査ができる産婦人科という科もあります。
見つけ方は、インターネットの検索欄に住んでいる県や都市を打った後口コミや感想と打って検索すると実際に行った人の感想や、医者や看護師達の対応について詳しく書いてあります。
実際に診察のときに使う器具の写真も載っています。

続きを読む